初心者向けの観葉植物と育て方のポイント

観葉植物は、インテリアとしてお部屋に彩りを添え、見る人を和ませてくれます。

植物は生き物ですから、きちんとお世話をしないと枯れてしまう心配がありますが、あまり手がかからず育てやすい観葉植物も多くあります。

まず、エアープランツです。

土を必要とせず、また水やりもほとんどいりません。週1~2回程度、霧吹きで水を吹きかけてあげる程度です。

観葉植物レンタルを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

夜に行うのがポイントです。また、サボテンも乾燥や気温変化に強い植物です。砂漠に自生することで有名なので、水やりは少なくていいように思われがちですが、実は生育期にたっぷりの水を与えないと枯れてしまいます。

表土が乾いたら、鉢の底からあふれるくらいに水を与えましょう。ほかに育てやすい植物として、ポトス、アイビー、パキラなどがあります。


ポトスは観葉植物として非常に人気がある品種で、水にさして育てることもできます。

ポトスをさすと水が濁りにくいのも特徴です。

観葉植物のリース情報をお伝えします。

ただ寒さには少し弱いので、温度管理に気をつけ、室内で生育するのがおすすめです。

アイビーは、日陰に強く、室内で育てるのに向いています。

ポトスとアイビーはつるを伸ばすタイプの植物なので、壁に這わせてもとてもキレイです。


一方、パキラは木立性の植物ですが、乾燥、気温変化に耐性があり、また病害虫にも強いので、とても丈夫で育てやすいといえます。どの植物にも共通するのは、水やりと温度管理、そして風通しに気をつけることです。

造花のリースの情報探しはそれほど難しくありません。

水やりのときには、鉢皿に溜まった水は必ず捨てましょう。
残しておくと根腐れの原因になってしまいます。

MENU